Home » 人工知能 人類最悪にして最後の発明 by ジェイムズ・バラット
人工知能 人類最悪にして最後の発明 ジェイムズ・バラット

人工知能 人類最悪にして最後の発明

ジェイムズ・バラット

Published June 18th 2015
ISBN :
Kindle Edition
276 pages
Enter the sum

 About the Book 

2045年、AIは人類を滅ぼす――。全米で話題騒然の書、ついに日本上陸!「コンピュータの能力は、18か月ごとに2倍になる。そのため、コンピュータが知能を発達させて世界を乗っ取るという危険は現実のものだ」――スティーブン・ホーキング(宇宙物理学者)Google、IBMが推し進め、近年爆発的に進化している人工知能(AI)。あのイーロン・マスクすら危機感を抱く「AIの進化」をあらゆる角度から徹底的に取材し、「特異点(シンギュラリティー)」の到来がもたらすMore2045年、AIは人類を滅ぼす――。全米で話題騒然の書、ついに日本上陸!「コンピュータの能力は、18か月ごとに2倍になる。そのため、コンピュータが知能を発達させて世界を乗っ取るという危険は現実のものだ」――スティーブン・ホーキング(宇宙物理学者)Google、IBMが推し進め、近年爆発的に進化している人工知能(AI)。あのイーロン・マスクすら危機感を抱く「AIの進化」をあらゆる角度から徹底的に取材し、「特異点(シンギュラリティー)」の到来がもたらす恐るべき未来を明らかにした金字塔的作品。